甲斐の名水で育まれた安心・安全な淡水魚 山梨県養殖漁業協同組合 YAMANASHI AQUACULTURE FISHERIES COOPERATIVE
山梨県で養殖されている主な淡水魚 詳細はこちら
  • 甲斐サーモンレッドのご紹介
  • 淡水魚取り扱い店一覧
  • 山梨県産 淡水魚 生産者一覧
甲斐サーモンレッドのご紹介このサイトは、 消費者の方々に 美味しい 淡水魚の情報を 提供しています。

大型ニジマスに甲斐サーモンレッドと名前をつけた理由

山梨県には海がありませんが、豊富な天然水(ミネラルウォーターの出荷量全国第1位!!)を活かして、淡水魚の養殖が盛んに行われています。
その一方で、山梨県の県庁所在地甲府市のマグロの消費量が常にトップクラス(総務省家計調査)ということからもわかるように、山梨県民は海の魚が大好きという特徴があります。このため、本県では淡水魚が食材としてあまり消費されてこなかったという現状があります。

もう少し山梨県民に淡水魚を食べてもらいたい、「地元での生産と消費のギャップ」を解消させたいという願いが我々生産者にはありました。このため、山梨県調理師会のアドバイスの元、生産量も多く、味もよく、淡水魚のイメージアップには持ってこいの大型ニジマスに「甲斐サーモン」と名付けることによって、山梨県民に淡水魚の美味しさを知ってもらうきっかけづくりを図ったのがこの取り組みの始まりです。

甲斐サーモンをさらに“山梨ならでは”の魚にするため、山梨県水産技術センターの研究成果を受け、甲斐サーモンにぶどう果皮粉末を与える取り組みを始めました。ぶどう果皮粉末を与える等の一定の基準を満たしたものは新たに「甲斐サーモンレッド」と名付け、平成28年3月から出荷を始めています。「レッド」は、山梨の特産品である「赤ワイン」醸造残渣のぶどう果皮の粉末を使用していること、身色が鮮やかな「赤色」であることに因んでいます。

ぜひ一度甲斐サーモンレッドを食べていただき、淡水魚の美味しさに気づいてもらえれば幸いです。そして、この取り組みをきっかけに、淡水魚のイメージアップが図られ、甲斐サーモンレッド以外の淡水魚もたくさん消費されるようになればと願っております。

  画像(JPG) PDF
甲斐サ-モンレッド
ポスタ-
ダウンロード ダウンロード
甲斐サーモンレッド
パンフレット

表紙

裏面

ダウンロード
組合パンフレット

表紙

中身

裏面

ダウンロード

甲斐サーモンレッドは、確かな養殖技術をもった養殖業者によって育てられた1kg以上の大型ニジマスです。
一生を淡水中で育てられているため、寄生虫の心配もなく、刺身や寿司など生食でもお薦めです。ほど良い脂ののりで身の色はサーモンピンクの美しい色をしています。とてもおいしいので、ぜひ食べてください。

パンフレット「安心の生食」(pdf)

甲斐サーモンレッドレシピ集 (pdf)

甲斐サーモンレッドのご紹介 イメージ1 甲斐サーモンレッドのご紹介 イメージ2 甲斐サーモンレッドのご紹介 イメージ3 甲斐サーモンレッドのご紹介 イメージ4

甲斐サーモンレッドの出荷基準

登録業者から出荷され、以下のような基準を満たしたものを「甲斐サーモンレッド」の名称で出荷することができます。

  • ・ 山梨の清澄な水で飼育されている
  • ・ ぶどう果皮粉末を餌重量の1%添加した餌を2ヶ月以上与えている
  • ・ 1㎏以上の赤身である 等

名水で育まれた「甲斐サーモンレッド」登録養魚場

山梨県養殖漁業協同組合 平成23年8月8日現在

登録名 屋号 住所 電話番号
津野 正康 (有)八丁養鱒場 〒404-0002 山梨市牧丘町杣口2,425 0553-35-3264
古菅 一芳 小菅養魚場 〒409-0211 北都留郡小菅村4,674 0428-87-0336
山口 二男 山口養鱒場 〒403-0004 富士吉田市下吉田4,736 0555-23-3588
新井 裕二 相模漁業生産組合
富士養鱒場
〒403-0004 富士吉田市下吉田4,670 0555-23-2431
清 泰彦 (有)清養鱒場 〒403-0004 富士吉田市下吉田4,696 0555-23-1570
木下 満 木下養魚場 〒409-0211 北都留郡小菅村5,177 0428-87-0356
三井 直登 三井養鱒場大泉分場 〒409-1502 北杜市大泉町谷戸8,258 0551-38-0974
桂川漁業
協同組合
〒409-0112 上野原市上野原2,580 0554-63-0083
田中祥介 三幸養魚(株) 〒409-1502 北杜市大泉町谷戸5,649 0551-38-2040
ページ内コンテンツこちらで終了

ページの先頭へ戻る